ロゴ:株式会社スイックプラス 株式会社スイックプラス
コンテンツ
What's New
ワインのある風景
醸造元紹介
お薦めワイン
ショッピング
ワインリスト
食材リスト
メールマガジン登録
リンク
会社概要
サイトマップ

お支払い方法/送料等について
特定商取引法に基づく表示


お薦めワイン

シャトー・モナン(オー・メドック)(2008)/HAUT-MÉDOC

  CH. MICALETを代表に、いくつかのシャトーを所有している。土壌の環境に配慮し、除草剤などは使用せず、現在はビオロジック栽培へ転換中である。赤い果実の香りが豊かで、アタックは中程度、柔らかなタンニンの存在感がバランス良く醸し出されている。
詳細はこちら

ドメーヌ・ドゥ・モーカイユ(2009)/ MARGAUX

  シャトー・シランに隣接し、二人の姉妹で運営している。小規模の葡萄畑のため、注意深くワイン造りする事ができ、良質なワインに仕上がっている。深くてつややかな色合いで、熟したタンニンと樽の香りが豊かで、ボディーはやや強いが口当たりが良い。
詳細はこちら

ワインのある風景 「ワインのある風景」のバックナンバーへ

「築地スマイル広場チャリティーバザール・アスリートとのコラボ」が大盛況

 10月29日に築地本願寺境内「スマイル広場」で行われたチャリティーイベント「築地スマイル広場チャリティー バザール・アスリートとのコラボ」にて、弊社出店のワイン販売ブースは開場早々から数多くのお客様にご来場いただき、用意した1600本以上のワインが次から次へとお買い上げいただくという大盛況に恵まれました。 午後四時のイベント終了後も人の流れが絶えず、ほとんどの銘柄のワインが完売致しました。 収益金はイベント主催者を通じて被災地の子供達への育英資金として寄付致しました。

 会場へお越しいただいた皆様、ワインをお買い上げいただいた皆様には社員一同、心より感謝申し上げております。どうもありがとうございました。


チャリティー販売開催のご案内

あの震災で両親を失った子供達のために
フランスから、スイスから応援ワインが届きます!
−−−−−−−− 心を込めたご案内です。 −−−−−−−−

3月11日に発生した東日本大震災は、早くも半年を迎えようとしています。
被災された皆様を思うと、元気な我々が、何か行動をしなくてはいけないと考えていました。

大震災直後から、スイックプラスが輸入していますフランスやスイスのワインの造り手から、20通ほどのお見舞いのメールやFAXが届きました。 彼らは異口同音に

  「大丈夫か?心配しているよ。我々にできる事があったら、何でも遠慮なく言ってくれ。
   応援するよ。」

私共、スイックプラスは彼らの申し出に感謝し、遠慮なく希望を伝えました。

  「あなたの造ったワインを送って欲しい。そのワインを販売して、両親を失った子供達
   の育英資金にチャリティーするので・・・」

折り返し、返事が来ました。

  「分った!最大限の協力をする。いつ、どうしたら良いか、知らせて欲しい。」
  「私のシャンパンを60本用意したよ。」
  「私のワインを120本送るよ。」
  「Clos de Vougeot Grand Cru 2001を18本用意したよ。」
   等々

この素晴らしい申し出を受け、チャリティー販売の計画をスタートしましたが、この趣旨に賛同され、出展される日本の企業・団体のご参加をいただき、そして、会場探しやテント等、多くの方々のご協力を得て、下記の通り開催する事となりました。




日  時2011年10月29日(土曜日)
午前10時より、午後4時まで

場  所築地本願寺境内  築地スマイル広場



出店企業・団体の詳細は逐次お知らせ致しますが、是非、ご家族、ご友人をお誘いの上、ご来場いただき、次代を担う子供達の未来のために力強い応援を賜りたく、心を込めてご案内申し上げます。




既に、ブルゴーニュ、ボルドー、ロワール、ラングドック、シャンパーニュ、それにスイスの造り手から「応援ワインの準備ができたよ!」と嬉しい知らせが届いています。
現在の集計概算では、1600本をオーバーしています。
当日、会場で彼らの「心意気」を皆んなでしっかり受け止めてください。




お問い合わせ 東京都 千代田区 神田 富山町 1番地2
株式会社スイックプラス
TEL.03-5297-5021 FAX:03-3254-5830
URL:http://www.suicplus.com
Mail:shirako@suicplus.com



マルソヴィン社オーナーを招いて「マルタワインを愉しむ」開催

3月よりスイックプラスが日本に紹介を開始しました、地中海の雫「マルタワイン」はその歴史と文化、そして格調高いワイン造りに始めて接した皆様に、大きな驚きとマルタワインへのさらなる興味を与えたようです。
6月23日夕方、マルタワインの醸造元でありますマルソヴィン社の若きオーナーであるジェレミー・カサール氏が初来日されました。
昨24日にはジェレミー・カサール氏の歓迎の宴であります「マルタワインを愉しむ」が、ホテルオークラの「バロンオークラ」に於きまして開催されました。「バロンオークラ」の心の籠った特製のお料理とアントニンの白ワインと赤ワイン、それにシュヴァル・フランとグランメートルのマルタワインとのマリアージュは素晴らしく、特にメインディッシュでマルタの伝統料理であります兎とマルタワインの至宝「グランメートル」のマリアージュは見事でした。
4種類のワインの味わいの比較と各お料理のマリアージュに、ご参加の皆様は大いに楽しまれたご様子で、「バロンオークラ」の素晴らしいサービスと相俟って、予定時刻を大幅に超過してのお開きでした。




「マルタワインセミナー」開催

6月23日に初来日されたマルタワイン醸造元マルソヴィンの若きオーナー ジェレミー・カサール氏を迎え6月25日午後2時より「アカデミー・ドゥ・ヴァン」青山に於きまして「マルタワインセミナー」が開催されました。「アカデミー・ドゥ・ヴァン」での告知によりまして、予定していました40人の席は即座に満席となり、10席を追加し50人のご参加で開催されました。マルタワインに関しましては一般的にほとんど知られておりませんので、このような関心の大きさには驚いた次第です。

ジェレミー・カサール氏はボルドー大学で「ワイン分析」を専攻され、4種類のマルタワインをテストしながらの静で語りかけるような解説には説得力がありました。また、マルタ騎士団を中心としたマルタ共和国の歴史と世界遺産にも指定されている文化は、ご参加された皆様には強く印象に残ったようです。専門的な質問もあり、予定時間を30分ほどオーバーして散開しました。


ショッピング
ワインリスト 食材リスト

生産地で選ぶ 全食材リスト
ブルゴーニュ地方 シャブリ地区
ブルゴーニュ地方 コート・ド・ボーヌ地区
ブルゴーニュ地方 コート・ド・ニュイ地区
ブルゴーニュ地方 シャロネー地区、マコネ地区、ボジョレー地区
ロワール地方
コート・デュ・ローヌ地方
ラングドック、ルーション地方
ボルドー地方 メドック地区
ボルドー地方 サンテミリオン地区
ボルドー地方 その他地区
シャンパーニュ地方
ヴィネガー
ピーナッツオイル
オリーヴ製品
ヴァイオレット・マスタード
アーモンドシロップ
全ワインリスト